このサイトは管理者の経験から、巷で話題の投資信託の独自の視点で比較し、ランキングにして紹介しているサイトです。
HOME 利用規約 運営者情報 プライバシーポリシー お問い合わせ

国際債券型別ランキング

管理人の独自リサーチによる、国際債券型別の投資信託・ファンドランキングです。

 

1位 ベアリング 外国債券オープン
特徴 主としてベアリング ジャパン 外国債券 マザーファンドへの投資を通じて信用度の高い世界各国の公社債に投資することにより、安定した利子等収益の確保と信託財産の中・長期的な成長を目指す。
URL http://www.barings.com/ucm/groups/public/documents/regulatorydocuments/128860.pdf

 

2位 ニッセイ 中国人民元F元高円安戦略
特徴 主要投資対象は、人民元建ておよび米ドル等の他通貨建て債券をファミリーファンド方式で運用。信託財産の着実な成長をめざして運用を行う
URL http://www.nam.co.jp/fundinfo/ncjf_a/main.html

 

3位 MS・ワールドワイド・ハイ・インカム・F
特徴 主要投資対象は、米国の高利回り社債および新興国公社債。高水準の利息収入の確保に加え、値上り益の獲得も目指して運用する。
URL http://www.morganstanley.co.jp/im/retailfund/fund/report/disclosure/wwide_unyo.pdf

 

4位 UBS V10通貨戦略ファンド為替ヘッジなし。
特徴 UBS V10通貨戦略マザーファンドへの投資を通じ、主要10通貨の中で高い金利の通貨を買い、低い金利の通貨を売る取引(キャリー取引) 、又は逆キャリー取引を行い、収益の獲得を狙う。
URL http://japan1.ubs.com/globalam/funddetails/feature/groupid:15/fundid:353114

 

5位 東京海上 Rogge世界債券分散F(毎月)
特徴 ファンドオブファンズ方式で運用。主に、日本を除く先進国の国債、世界の投資適格社債、新興国の債券へ均等に分散投資する。発行体や信用度の異なる3種類の債券を組み合わせることにより、リスクとリターンのバランスをとりながら、安定した収益の確保を目指す。
URL http://www.tokiomarineam.co.jp/pdf/635025_report.pdf