投資信託をはじめやすい証券会社。カブドットコム証券
HOME 利用規約 運営者情報 プライバシーポリシー お問い合わせ

カブドットコム証券のおすすめ投資信託銘柄


カブドットコム証券は、楽天証券やSBI証券と同じように1銘柄500円から投資可能な投信積立の商品を取り扱っており、投資信託をはじめやすい環境を整えている証券会社です。ここでは、カブドットコム証券が取り扱う投資信託銘柄のうち、おすすめの銘柄を紹介していきます。

まず、最初のおすすめの銘柄は、ネット証券専用新興市場日本株レアル型です。他の商品と比較しても、異色の商品ですが、カブドットコム証券の投資信託銘柄の中で、年間運用成績がトップとなっています。

ネット証券専用新興市場日本株レアル型は、楽天証券、SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券のネット証券4社が提携して作った商品の中で、唯一、日本株とブラジルレアルを組み合わせた2階建ての投資信託商品です。日本株は、ジャスダック市場とマザーズ市場という新興市場に上場している株が投資の対象です。さらに、同時にブラジルレアルにも投資しており、為替リスクのヘッジはありません。

したがって、為替の変動の影響を受ける商品です。

よって、新興市場株が上昇し、円安レアル高が同時におこると、二重の恩恵が受けられますが、逆もあり得ます。したがって、ハイリスクハイリターンの商品なので、注意が必要といえますが、同時に違う対象のものに投資できるので、面白い商品であるともいえます。

2つ目のおすすめの銘柄は、野村インデックスファンド・外国REITです。ここで、REITとは、不動産投資信託のことをいいます。野村インデックスファンド・外国REITは、先進国REITの指数になるS&P先進国REIT指数をベンチマークとする先進国REITインデックスファンドです。この商品の信託報酬は、0.55%と低く、他の先進国REITインデックスファンドと比較しても、コストは安いといえます。

この商品一本を購入することで、日本を除いた先進国の不動産投資信託に分散投資することができます。つまり、野村インデックスファンド・外国REITに投資することで、米国を中心に世界の先進国の商業施設、住居、ビルといったあらゆる不動産物件に投資できるということです。

3つ目のおすすめ銘柄は、日本株式インデックスeです。日本株式インデックスeは、TOPIXをベンチマークとする日本株式インデックスファンドです。信託報酬が0.37%と大変安いコストであり、長期間の運用に適しているインデックスファンドであるといえます。 

また、確定拠出年金向けの実績があるファンドがマザーファンドになっているのも、非常に信頼度が高いインデックスファンドであるといえます。