投資信託を購入するにしても証券会社によって手数料など異なるようです。
HOME 利用規約 運営者情報 プライバシーポリシー お問い合わせ

投資信託でおすすめの証券会社はどこ?

投資信託は、証券会社で購入できますが、投資信託の購入時の手数料も証券会社により、異なります。また、自動積立てを行う場合も、証券会社により、最低積立金額や投資信託の本数も異なります。
では、具体的に、どこの証券会社がおすすめなのでしょうか?
おすすめしたいのは、大手の証券会社より、ネットの証券会社であり、特に楽天証券とSBI証券です。

楽天証券とSBI証券をおすすめする理由は、取り扱う投資信託の商品の多さにあります。具体的には、楽天証券が1,197本、SBI証券が1,140本となっており、ネットの証券会社の中でも群を抜いているといえます。

また、楽天証券とSBI証券では、初心者に人気のインデックスファンドを取り扱っています。なぜ、インデックスファンドが初心者に人気であるかというと、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)に連動しているので、これらの指数と同じような値動きであり、分かりやすいからです。

そして、特に楽天証券では、今年の1月からスマホで取引が可能になりました。このスマホで取引機能は、PCとほとんど変わらない機能であり、投資信託の取引を行うのに、非常に便利であり、おすすめといえます。


手数料や、キャンペーンの点でお得なネット証券


また、大手の証券会社で投資信託を購入するより、ネットの証券会社のほうが購入手数料の点でもおトクです。

具体的に、購入手数料について、現在、人気のグローバルソブリンオープンという投資信託の商品で比較してみます。大手の証券会社ですと、1.575%の手数料がとられますが、ネットの証券会社で、この商品を購入すると無料です。仮に50万円分、この商品を購入すると7,875円が手数料分で違ってきます。

また、楽天証券とSBI証券をはじめとして、ネットの証券会社では、多くのキャンペーンを行っているのもおすすめする理由です。

楽天証券では、口座を開設して、投資信託を一定金額買いつけると、楽天ポイントのプレゼントをするというキャンペーンを行っています。また、ニッセイ日経225インデックスファンドという投資信託の商品などが、今、最も注目されているNISA口座を楽天証券で開設すると、6銘柄中1銘柄1000円分がプレゼントされるというキャンペーンも行っています。

また、SBI証券では、口座を開設して、一定金額を入金すると、条件により2,500円の金額のプレゼントをするというキャンペーンを行っています。

したがって、キャンペーンを利用して、口座開設を行うことでおトクとなるので、投資信託の取引を行うには、ネットの証券会社がおすすめであるといえます。