投資信託の場合、税金はどうなるんでしょうか?
HOME 利用規約 運営者情報 プライバシーポリシー お問い合わせ

投資信託の税金について

投資信託についての税金は、何の投資信託を購入するかによっても変わってきます。

分配金や換金の結果、また投資信託が終了し償還益が出た場合、これらの利益には税金がかかります。利益にかかる税率は、株式投資信託と公社債投資信託で違いがあります。
2013年の1年間まで、(これが最後の年次とされていますが)株式投資信託の利益に対する税率は10%となっています。2014年からは20%になるといわれています。

公社債投資信託の税率は一律20%で、2013年以降は「復興特別所得税」もプラスされます。現在の日本の法律では、雑所得に関してはすべて20%課税です。たまに通帳を見ると、ものすごく半端な数字が振り込まれていたりしませんか?

日本の預金金利から発生する利益にも、20パーセントの税金が引かれた後に振り込まれているので、ああいった非常に細かい金額になるようです。そのように考えていきますと、株式投資信託を購入し、結果的に利益が出た場合の税金は10%ということなので、「税率」という観点から見れば、預金よりも得だ、ということが言えます。
これらの税金の詳細は、投資信託を購入する際の投資信託説明書(交付目論見書)に記載されていますので、しっかり目を通すことが重要です。