4回に分けて語った投資信託の検証でしたが、ここでとりまとめを語りましょう。
HOME 利用規約 運営者情報 プライバシーポリシー お問い合わせ

検証!のまとめ

せっかく作ったサイトなので、特色を出そうと国内ファンドについて関連項目を簡単にまとめてみました。

実際、私はファンド事業者と面談する機会に恵まれ、今までに30社ほどお会いさせてもらっています。もちろんその中には、運用に失敗していなくなってしまった会社もありますし、投資家からカンカンにクレームを受けている会社もあります。逆に非常に安定的な運用で、シンガポールに引越ししてしまった会社も知っています。

資産運用には、投資信託を中心にと考えやってきたのですが、結果的に高い販売手数料や信託報酬をずっと取られるくらいなら、国内ファンド会社ときちんとアクセスをとり、運用をまかせたほうがよっぽどリターンが大きいのではないかと感じるところもあります。

彼らの資金量は5〜30億くらいで、投資信託にでてくるような米国籍の運用会社と比べると、月とすっぽんではありますが、アセットが小さいがゆえに小回りがきいて、結構なリターンをだしてくるのです。

ファンド会社といっても、とてつもないキャリアの持ち主もゴロゴロいます。

ただ、彼らは自社商品を直接販売していますし、あまり広告宣伝費にお金をかけないので、投資家の目に届かないんですね。
個人的には今後、どこまでやれるかわかりませんが、ファンド会社の紹介などもできればと考えています。